2016/12/31

あひるねこ的Best Album 2016

tori.png

どうも、あひるねこです。


今回はあひるねこの2016年の年間ベストです。

最近はこのブログもなかなか更新出来ず放置気味ですが、このベストは毎年恒例なので書きますよー!

今年はとにかくヒップホップ、R&Bの年でしたね。

今回のリストにはあまり入ってませんが、さすがによく聞きました。

今さらDrakeに超ハマッたりw

でも、自分はインディー野郎ですが、海外のヒットチャートに入っている音楽を楽しく聴けるようになると、音楽を聴く楽しさが増すなーと、ここにきて思ったりもしました。

そのくらい2016年は凄かった。

順不同です。それではどうぞー。


Wild Beasts-Boy King

55330-boy-king.jpg

イギリスのロックバンドで今も安定して優れた作品を出し続けているのって、そろそろ限られてくるんじゃないでしょうか。
Wild Beastsは間違いなくその1つだと思います。
前作もかなり好きで自分の年間ベストに入れてましたが、今作も相変わらず大好きなので入れました。
といいつつ、サウンドは激変。超アグレッシブでファンキー。これにはけっこう驚きました。
が、それでも怪しくセクシーなのは変わらず。
ハードでありつつも、空間を活かした隙間のあるトラックはやはりセンス抜群。

"Get My Bang"



Boy King [帯解説・ボーナストラック2曲収録 / 国内盤] (TRCP206)

新品価格
¥2,268から
(2016/12/31 19:08時点)




D.A.N.-D.A.N.

20160210-dan.jpg

最高すぎる日本の新人バンドの、最高すぎるデビューアルバム。
初めて聞いた時はOGRE YOU ASSHOLEっぽいなと思いましたが、アルバムで印象は変わりました。
D.A.N.はもっとクラブ寄りなアプローチでミニマルなサウンドを積み上げています。
動から静へと、おそらく意識的にパキッとアルバムの構成を変えていますが、冒頭4曲は完全に無敵。
ここまで完成されたデビュー作をリリースしたアーティストは、海外でも珍しいでしょ。
日本でも、こんなバンドがどんどん増えてくれることを願うばかり。

"Zidane"



D.A.N.

新品価格
¥2,256から
(2016/12/31 19:21時点)




White Lung-Paradise

50577-paradise.jpg

あひるねこが愛してやまないバンド、White Lungの新作! やったー!!
前作で世界的なブレイクを果たしたWhite Lung。
たしかにあのインパクトには劣るかもしれない。それでも内容は素晴らしいの一言。
びっくりしたのが、音楽性をほぼ変えずにメジャー感を全面に出してきたこと。
あのドがつくインディーバンドが…。感無量です。
かといって温くなったのかというと、そんなことは1ミリたりともなく、
相変わらず生き急ぐか如き必殺ギターの雨あられに痺れまって感電寸前。
1曲にいったいどれだけのフレーズを詰め込むのか、Kenneth Williamは現在もっとも過小評価されているギタリストでしょう。
どこまでもついていきます。

"Hungry"



Paradise

新品価格
¥1,041から
(2016/12/31 20:54時点)




Junior Boys-Big Black Coat

44345-big-black-coat.jpg

今年1番ロマンティックな作品がこれ。
カナダのエレクトロ・ポップ・デュオ、5年ぶりの新作。
あひるねこのツボを刺激しまくる、ディスコでシンセ・ポップでエレクトロ・ポップな1枚。
けっこう海外でも好評価(Pitchforkが8.0)な割に、日本では知名度が低いです。
音楽性は違いますが、Friendly Firesの1stが好きな人なら感じるものがあるのではないかと思います。
むせかえるようなロマンチシズム。

"Over It"



Big Black Coat

新品価格
¥1,274から
(2016/12/31 21:04時点)







Anderson.Paak-Malibu

47911-malibu.jpg

今年もっとも活躍したアーティストの1人、Anderson.Paak。大ブレイクです。
このアルバムで初めて聴いたのですが、Curtis Mayfieldみたいで最初から好きでした。
と思いきや、曲が進むごとにいろんな音楽性が顔をのぞかせる。
実は別に新しいことはやっていないのですが、とにかくその声がカッコよすぎ。
Kendrick Lamarに「おまえの声ヤバイ」と言われただけのことはあります(国内盤ライナーより)。
絶妙すぎるタイム感、クセになりました。
非・ブラックミュージックファンにこそ聴いてほしい。
そういった違うトライブをも結びつけそうな可能性を、Anderson.Paakには感じるんです。

"Come Down"



MALIBU [輸入盤CD] (ERECD218)

新品価格
¥1,694から
(2016/12/31 21:16時点)




Polica-United Crushers

45287-united-crushers.jpg

果たしてこの作品をどれだけの人が年間ベストに挙げるかはわかりませんが、個人的には大好きな1枚。
バンドの4人中3人がリズム・パートを担当していることからもわかる通り、音楽的にリズム/ビートありきなのが好み。
派手さはないけど、重厚で異形、入り組んだビートが全編に貫かれています。
だからこそ、そこから這い出るように辿り着いたIBaby Sucksのダンサブルなディスコ・チューンが、あまりにも鮮烈。
オススメです。

"Wedding"



United Crushers

新品価格
¥1,365から
(2016/12/31 21:26時点)




サニーデイ・サービス-DANCE TO YOU

43242bb6f466ccf160e26f9ba8938211.jpg

正直、最近のサニーデイや曽我部関連を熱心に追ってはいませんでした。
なのにこの作品、最高傑作といってもいいくらいの素晴らしさ。
一聴すると耳触りのいいポップ・ソングが並んでいるようで、確実に棘として残る言葉。
それでも、そんなの関係ないくらい曲が超いいじゃんと言えちゃう感じというか。
"苺畑でつかまえて"、"パンチドランク・ラブソング"、"セツナ"が入ってる時点で圧倒的名作じゃんというか。
2016年にこの作品に出会えてよかったと思えます。

"苺畑でつかまえて"



DANCE TO YOU

新品価格
¥2,694から
(2016/12/31 21:34時点)




Radiohead-A Moon Shaped Pool

54767-a-moon-shaped-pool.jpg

最後は当たり前のRadiohead。
これに関しては記事も書いたのでもう何も言うことはありません。
Radioheadがいかに音楽的に偉大であるのかがわかる作品です! 以上!!
それと同時に、これからRadioheadはどうなってしまうのか、何か得体の知れない不安のようなものも感じてしまう、いろいろな意味で怪物のような作品でした。

"Daydreaming"



A MOON SHAPED POOL

新品価格
¥1,099から
(2016/12/31 21:41時点)




以上です。

2016年は本当にとんでもない年でした。

この熱狂は間違いなく2017年も続くでしょうし、こうして種がまかれまくっているので、この先数年はスゴイ作品が出るんだろうなぁ。

2017年もいい作品に出会えますように。


あひるねこは「ロケットニュース24」のライターをやっています。

記事はこちらからどうぞ


Twitterもやってます。こちらは左のリンクから。


ではまた。




この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック