2016/05/28

Radiohead-A Moon Shaped Pool

54767-a-moon-shaped-pool.jpg

リリース:2016/05/08
レーベル:XL Recordings

1. Burn The Witch
2. Daydreaming
3. Decks Dark
4. Desert Island Disk
5. Ful Stop
6. Glass Eyes
7. Identikit
8. The Numbers
9. Present Tense
10. Tinker Tailor Soldier Sailor Rich Man Poor Man Beggar Man Thief
11. True Love Waits

あひるねこ:9.5/10

Radiohead-new.jpg


どうも、あひるねこです。


今回はRadioheadの9枚目のアルバム「A Moon Shaped Pool」をご紹介します。

海外ではかなり絶賛されていて、点数的には前作「The King Of Limbs」より一回り上の印象。

Pretty Much Amazing、No Ripcord、DIYが満点。

The Line of Best Fit、Paste、Consequence of Sound、musicOMH、PopMatters、Spin、Under The Radar、The 405、Rolling Stone、Slant Magazineも高得点で、Pitchforkが9.2を付けたのも意外でした。

このブログで初めて登場したかもしれないRadiohead。

あひるねこのフェイバリットは、やはりRadioheadかもしれません。

と言いつつ、最近のRadioheadとその周辺にはそこまでの興味がなかったことも事実。

「In Rainbows」は彼らの作品の中でも1、2位を争うくらい好きでしたが、「The King Of Limbs」は、素晴らしいと同時に緩やかな後退も感じます。

トムのソロはあまり良いとは思えず、Atoms For Peaceも今は聴き返すことはほぼありません。

しかし、007のために書かれた新曲"Spectre"がもうスゴくて、やっぱりRadiohead最強となったのが去年の年末。



そして、いよいよリリースされた最新アルバム「A Moon Shaped Pool」。

発売から繰り返し聴いてきましたが、あひるねこ的には最高傑作と呼んで差し支えのない作品だと思いました。




このアルバムには、今までの作品とは異なる掴みどころの無さ、追いかけても追いかけても手の平からスルスルと流れていってしまいそうな手触りを感じます。

あまりにも多様な音楽が溶け合っていて、ある一瞬を切り取ろうとしても、水面に垂らした絵の具のようにそれは拡がっていってしまう。

この感覚は、例えば「In Rainbows」にはなかったように思います。

アンビエントでミニマルでトラッドで、とにかく美しい。

あと、今までになく弦楽的。ジョニーが手掛けたであろうストリングスが本当に素晴らしいです。生まれてくれてありがとう状態。

その予感は先行公開された"Burn The Witch"でもありましたが、こんなにストリングス全開になるとは思いませんでした。

ライブではジョニーが弓でギターを弾いてますね。



特に"Glass Eyes"の美しさときたら! トムの歌声と相まって気絶しそうなほど。

"The Numbers"でも、序盤こそいかにもRadiohead然とした演奏を楽しめるけど、後半の派手なオーケストレーションに鳥肌。

「In Rainbows」の時のインタビューで、トムがストリングスが過剰だと壮大になりすぎる、みたいなことを言っていた気がします(現物が手元にないので何年も前の記憶ですが)。

なので敢えて削ったみたいな感じだったような。"Reckoner"の終盤などですね。

"Spectre"もそうでしたが、それなのにここまで思い切って取り入れているのが意外でした。何か意図があるんでしょうか。

話が逸れましたが、"Decks Dark"や"Present Tense"で聴ける、静謐で神聖さすら感じさせるコーラスにも注目ですよ。

あひるねこのお気に入りの1つが"Ful Stop"。

不安を煽るようなベースラインからギターが切り込んでくる後半のカッコよさに悶絶。はやくライブで聴きたい!

こういう曲はいいんですが、レコーディングでエドは何をしているのか? Radioheadあるある。

コリンのベースは評価が足りないくらいだし、フィルもまあギリで叩いてる。エドはw

しかし、じゃあトムとジョニーとナイジェルだけいればいいのかというと、まったくそんなことないんですよね。

それは前述のトムのソロのつまらなさからもわかる。

この5人でなくてはならない。誰一人欠けることなく、何十年もやってきたバンドのマジックとしか言いようがありません。それがどういうものなのかは、外野にはわかりませんが。

つまり言いたいことは、Radioheadが超スペシャルなバンドだということです!

そんな、この作品を象徴する曲が"Daydreaming"でしょう。



まるで夢の中をフワフワと浮遊するかのようで、もはや現実味すらない。いやースゴイ。

そして最後に辿り着くのが、シンプルにアレンジされた"True Love Waits"というのも、出来すぎなくらいです。

何度聞いても、その幾重にも重なった、芳醇な音楽性の洗練の極みに身を委ねることが出来る「A Moon Shaped Pool」。大傑作。

A Moon Shaped Pool

新品価格
¥1,919から
(2016/5/28 19:07時点)





あひるねこは「ロケットニュース24」のライターをやっています。

記事はこちらからどうぞ


Twitterもやってます。こちらは左のリンクから。


ではまた。




タグ:Radiohead
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/438367470
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック