2015/07/28

最近のお気に入り!去年リリースのHeartsのデビューアルバム『Hearts』

HAERTS-640x640.png


どうも、あひるねこです。


今回は、去年リリースのアルバムなんですが、今年になって初めて聴いてけっこうよかったのでご紹介します。

Heartsのデビューアルバム『Hearts』。

1. Heart
2. Wings
3. Hemiplegia
4. Call My Name
5. No One Needs to Know
6. Giving Up
7. Lights Out
8. Be the One
9. All the Days
10. Hope

あひるねこ:7.5/10

Haerts-No-One-Needs-To-Know.jpg


ブッルクリン出身のインディー・ポップバンドです。

マイナーなバンドなんでアルバムのレヴュー記事もそんなにないし、そもそもバンド名とアルバムのタイトルのせいで検索し辛いのなんの。

ざっくり超簡単に言うと、80sマナーのポップなサウンドに紅一点の女性Voが乗った音楽です。

そんなバンド腐るほどありそうですがw、まずは聴いてもらうのが早いでしょう。

2013年に公開された"Wings"。



マイナーと言った割には100万回近く再生されています。知っている人いますか?

この曲を聴いた時、歌声がちょっとFairground Attractionぽいなと思いました。

続いて、"All the Days"。



"Giving Up"。



わざわざ紹介しておいてなんですが、アルバムとしてはそんなに大したことないです。

上の3曲も別にそこまでってわけではない。なんじゃそりゃって感じですが、実はアルバムのある2曲がめちゃくちゃいいんです。

なぜこれらのMVがないのか、腑に落ちません。





ますは"Hemiplegia"。



いかにもドリーム・ポップ然とした静かな立ち上がりから力強いビートが加わり、後半シンセやギターが派手に絡まりシューゲイズ的なサウンドになっていきます。かなり好み。

そしてこの曲、"No One Needs to Know"。この曲があまりにも素晴らしすぎます。



どこかレトロなムードを持った一曲。このメロディー、完璧でしょ!

特に何か新しい要素があるわけではありませんが、この手のバンドにはこういう必殺の曲を期待しているのであひるねこ的には万々歳なのです。

というわけで、この2曲がとてもいいので今後も期待したくなるバンドです。

他の曲も悪いわけではないいんですが、この2曲と比べるとちょっと見劣りするかな。

今年すでにニューシングルもリリースしていて、なんとJeff Buckleyのカヴァーで"Everybody Here Wants You"。



続いて"Animal"。



打ち込み色がかなり強まってます。BPM速めでこのバンドにしては攻撃的なトラック。正直この路線の方が好きです。今後に期待!


Twitterやってます。左のリンクからどうぞ。


ではまた。


ランキング参加中です。

音楽 ブログランキングへ


タグ:HEARTS
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。