2015/09/25

The Libertines-Anthems for Doomed Youth

36061-anthems-for-doomed-youth.jpg

リリース:2015/9/11
レーベル:Virgin EMI

1. Barbarians
2. Gunga Din
3. Fame and Fortune
4. Anthem for Doomed Youth
5. You’re My Waterloo
6. Belly of the Beast
7. Iceman
8. Heart of the Matter
9. Fury of Chonburi 
10. The Milkman’s Horse
11. Glasgow Coma Scale Blues
12. Dead For Love

あひるねこ:7.5/10

2015TheLibertines_Press_4_0207151.jpg


どうも、あひるねこです。


今回はThe Libertinesのなんと11年ぶりの3rdアルバム『Anthems for Doomed Youth』をご紹介します。

満点台はなし。Mojo、The Arts Desk、music OMH、Clash、State、Exclaim、Evening Standard、The Guardian、Art Rocker、American Songwriterなどが高得点を付けています。

一体誰がLibertinesの新作が本当に出てしまうと思っていたでしょう。

再結成ライブとかはあったけど、レコーディングまでしてしまうとは!

あひるねこにとってLibertinesの1stアルバム『Up the Bracket』は正に青春の一枚。

自分の中では完璧に近い大大大好きな作品です。2nd、そしてPete DohertyのソロBabyshamblesの1st『Down in Albion』くらいまではかなり入れ込んでいました。

この誰もが夢見たLibertinesの新作は一体どうなのか?

結論から言うと、あひるねこ的には1st、2ndには遠く及びません。

しかしアルバムとしてびっくりするくらいちゃんとしてます。2ndのあの刹那的なメチャクチャさからは想像できないくらい。プロデューサーによるところが大きいんだと思いますが。




当時、毎週のように逮捕のニュースが伝わってきたPete Doherty、疲弊していくCarl Baratのインタヴュー、崩壊していくバンドの姿を見てきた側からすると、こんな真っ当なアルバムを作ってくれただけで奇跡みたいなものです。

最近は各自のソロなどのLibertines関連はほとんど聴いてこなかったんですが、やっぱりピートとカールの歌声を聴くと感動しますね。特にピートの歌はなんでかわからないけど、本当にいいんだよなぁ。

アルバム前半はじっくりとこれまでのLibertinesを確かめていくような内容で、シンガロングできるアンセムやパンク・ソングはありません。

AGunga DinはいかにもLibertines流英国レゲエという感じで懐かしさが。



ピートは太ったしカールは生え際が後退気味だけど、またこうして並んで歩くMVを見るとやっぱりグッとくるものがあります。

前半で注目すべきは唯一の過去曲であるDYou’re My Waterloo。

実質ピートのソロ曲のようなものなんですが、音源ではカールがピアノを弾いているそうです。



とてもいいメロディーです。ピートって基本ヘロヘロなのにこういう曲も作っちゃうところがいいですよね。

ただ、他の曲はちょっといまいち、地味かな〜という印象がアルバム前半にはあります。

しかし、GHeart of the Matterが素晴らしいよ!!!とにかく聴いてください!



"Don't Look Back into the Sun"や"What Became Of The Likely Lads"を思い起こさせるナンバーで、涙ながらに一緒に歌いたくなります。

しかも続くHFury of ChonburiはまたしてもこれぞLibertinesなグシャッとしたパンク・ソング!Libertinesが帰ってきたよ…。映像がないので買って聴いてください。

JGlasgow Coma Scale Bluesでは途中に"Boys In The Band"のようなメロディーがちょっとだけ登場しハッとします。



ピートとカールが交互に歌い、そしてユニゾンしながらサビに突入するあの感じこそがあひるねこにとってのLibertinesなんです。

マイクを分け合い歌うピートとカールの歌声が一瞬混ざるかのようなあの瞬間が、Libertinesの一番素晴らしい時間だと思うんです。

残念ながらピートがいるLibertinesは来日できそうにありませんが、11年の時を経てまたLibertinesをリアルタイムで体験できて幸せです。

ピートの歌詞は相変わらずいいので国内盤がオススメですよ。

リバティーンズ再臨

新品価格
¥2,621から
(2015/9/25 23:34時点)



Anthems for Doomed Youth

新品価格
¥1,202から
(2015/9/25 23:34時点)






Twitterもやってます。こちらは左のリンクから。


ではまた。





タグ:The Libertines

2015/09/22

あひるねこのTwitterまとめ Part 45

runrun.png


どうも、あひるねこです。


今回はあひるねこのTwitterまとめです。

この一週間くらいのものです。

ついにDiiv新曲が公開されました。とっても最高です。

次回はLibertinesの記事を書くと思いますのでよろしくお願いします。

それではどうぞー。


GEMSのデビューアルバムより“Soak”。もう少しロック寄りになった男女VoのPurity Ringような感じで良いです。Carparkから。



Kill the One You Love

新品価格
¥2,192から
(2015/9/22 23:39時点)






Diivはやっぱり素晴らしい。期待を裏切らない。仙道並みに何とかしてくれる。そんな新曲"Dopamine"。



Dopamine

新品価格
¥280から
(2015/9/22 23:41時点)






SOFTSPOTの新曲"Abalone"。ドコドコ鳴るドラムとインディー心をくすぐるアルペジオがとても好き。








なんかNew Orderの新作すごくよさそう。New Orderっぽいって紹介されてるバンドは大体手に取っちゃうけど、やっぱりこれだよねぇと思います。



Music Complete

新品価格
¥1,611から
(2015/9/22 23:45時点)






Yvetteの新曲"Calm and Content"。電話の呼び出し音をインダストリアル化したような強烈なビート。こういうの好き。




Painted Zerosのデビューアルバムから"Pretty Rig"。イントロのギターからたまらないし、ドリームポップっぽいのに途中でノイジーなるのもいいです。



Floriography

新品価格
¥1,600から
(2015/9/22 23:48時点)






Bat For LashesのNatasha KhanがTOYなどとモロッコやイラン音楽をカバーするという、なんとも濃そうなコラボ。ダークで呪術的でカッコイイ。Sexwitch-"Ha Howa Ha Howa"。



Sexwitch [12 inch Analog]

新品価格
¥2,448から
(2015/9/22 23:49時点)






Chad Valleyの新曲がいつの間にか公開されてた!新作から"Arms Away"。今のところこれが一番好きかな。



ENTIRELY NEW BLUE

新品価格
¥2,160から
(2015/9/22 23:51時点)






Twitterもやってます。こちらは左のリンクから。


ではまた。





タグ:twitter

2015/09/19

Foals-What Went Down

34604-what-went-down.jpg

リリース:2015/08/28
レーベル:Warner

1. What Went Down
2. Mountain at My Gates
3. Birch Tree
4. Give It All
5. Albatross
6. Snake Oil
7. Night Swimmers
8. London Thunder
9. Lonely Hunter
10. A Knife in the Ocean

あひるねこ:8/10

11537452_10152888829848531_2122156147263301139_o.jpg


どうも、あひるねこです。

今回はFoals、2年ぶりの4thアルバム『What Went Down』をご紹介します。

DIYとThe Listが満点。Entertainment Weekly、music OMH、The Music、Pretty Much Amazing、Rolling Stone、State、The 405、Mojo、Q、FasterLouder、The Skinny、The Line Of Best Fit、Drowned In Sound、Exclaim、All Musicなどが高得点を付けています。

前作『Holy Fire』はあひるねこも年間ベスト10に入るくらい好きな作品でした。

Holy Fire

新品価格
¥578から
(2015/9/19 20:41時点)




思えばFoalsは最初はニュー・エキセントリックなんて言われた流れの中で出てきたバンドでした。

当時の印象としてはニュー・エキセントリック勢でもFoalsはちょっと地味なイメージだったと思います。

音楽的に、いいんだけどもう一つ欲しいみたいな。

それが2ndで大変化を遂げ、3rdで更に強化されていきました。

前作のあひるねこのブログから引用すると、『前作では無駄を極限まで削ぎ落としたようなソリッドなサウンドでしたが、

今作はそこで築き上げた骨格を武装するようにダイナミックになっています。』

2nd、3rdリリース時ほどのインパクトが今作にあるかといえば、そこまでではありません。

今回のアルバムは前作でFoalsが築き上げたスタジアム仕様のヘヴィーでタフなサウンドを、更に推し進めたような作品になっています。





例えば前作の"My Number"で聴けたあの独特のギターのフレーズ。

今聴くとあれはまだFoalsらしさを十分に感じさせるサウンドでしたが、今回はこれまでのFoalsらしさはより希薄になっているような気がします。

"Night Swimmers"ではFoalsお馴染みの高音フレーズを繰り返すようなギターが聴けるけど、ハードなリフが前作以上にどんどん飛び出します。

"Snake Oil"なんて、シンセも加わってはいるけど最初っから最後までハード・ロックのごとくリフで押しまくりの曲です。

もちろんどのアルバムにもある荘厳で美しいバラッドはありますけどね。

昔のFoalsが好きだった、という人もいるのでしょうが、実際この路線で彼らは一気にArctic MonkeysとかKasabianと肩を並べるような(流石にそこまでじゃない?)人気中堅バンドとしての地位を確立したし、

ニュー・エキセントリック勢の中でも最大級の成功を収めたんじゃないでしょうか。あひるねこも今のFoalsは大好きです。

ヘヴィネスをかつてなく前面に押し出したタイトル・トラック"What Went Down"。



今までのFoalsにはなかったようなすごく直線的な曲ですよね。

続いてアルバムの中でもメロウでポップながらロック的なカッコよさが味わえる"Mountain At My Gates"。



この曲すごく好きです。

ヘヴィーだヘヴィーだと言ってはいますが、続く"Birch Tree"も同じくFoalsらしいメロディーのロックナンバーです。

2曲ともこれまでのファンなら耳馴染みがいい曲なのに、インディーにある軽さみたいのがないです。最終的にはどっしりしてる。もうすでにインディーというジャンルからは完全に去ったんだなというか。

普段インディーばかり好んで聴いているあひるねこでありますが、その姿勢に頼もしさ、カッコよさを感じる力作です。

What Went Down

新品価格
¥1,070から
(2015/9/19 21:18時点)






Twitterもやってます。こちらは左のリンクから。


ではまた。





タグ:Foals